新型コロナの経済的打撃とベーシックインカム

新型コロナの感染を防ぐという名目で、大規模な自粛が行われ、人々の行動様式が大幅に変わったことで、人と人を繋ぐビジネス、人と人を一緒に動かすビジネス、は壊滅的な打撃を受けている。 飲食業、旅行業、興業関係とそれに連なる業界は大きな痛手を被り、回復の見通しは立っていない。

そんな中で、NHKの「映像の世紀」の「人類の危機」を観た。 

www4.nhk.or.jp

www.evernote.com

その中で、大恐慌の発生後、米国で次の大統領になるのではと期待された、ヒューイ・ロング、という民主党上院議員が取り上げられていた。 富裕層に課税して、貧しい人々に5,000ドル相当の農場を与えよう、という、ベーシック・インカムに近い主張を行い、凄まじい人気を博し、時の大統領ルーズベルトも、その政策をパクって対抗せざるを得なくなるほどの人気だったようだ。

bit.ly

彼は、そのままだったら、ルーズベルトを破って次代の大統領になると目されていたが、政敵の関係者にルイジアナ議事堂で射殺される、そして、下手人もその場で射殺される、という如何にも陰謀論的なやり口で唐突に人生を断ち切られてしまう。 

彼が大統領になっていたら、戦争に頼らずとも米国の景気が回復していたと思われ、日本との太平洋戦争が起きたかどうか、分からない。

どうやら、米国では、複数回、ベーシックインカム導入の提案が為され、かなり実現に近い所まで議論が進んでいたこともあったらしい。 しかし、不思議なことに、毎回、なんらかの邪魔が入って、実現していない。(そして、アメリカン・ドリーム、という嘘っぱちが人々を騙し、一握りの成功者と、大部分の敗残者、という格差社会を悪化させつつ再生産し続けて今に至る)

日本でも、新型コロナの感染拡大に伴い、同志社大の森山亮教授、駒沢大学井上智洋准教授等が、ベーシックインカム導入を唱えている。

globe.asahi.com

www.evernote.com

今、日本の政界で、真面目にベーシックインカムを唱えているのは、れいわ新撰組くらいのものだろう。 今の状況で、ベーシックインカムを唱えないこと自体、既に、問題の解決を諦めているとしか言いようが無い。

reiwa-shinsengumi.com

新型コロナの影響で、徹底的に経済が低調になっている今の時代に、ベーシック・インカム抜きに経済が回ってゆく、と言えるのは、首になる心配がまだ視野に入らない役人や大会社等の安泰な人達だけである。 ベーシックインカムを唱えない政党・政治家に、票を投じてはならない。

 

深層学習の初歩の試みと躓き

今年の始め、深層学習の勉強をしたい、と思って、身近で大量のデータを持っていて、分析したら意味がありそうなところは無いか、と考えてみた。 そこで、知り合いの比較的規模の大きい食堂に頼んでみたところ、割と快く承諾を貰えて、数年分にもなるデータを電子的に貰えることになった。

しかし、肝心のデータが手に入って、さて、そこに天候のデータとかを加えて、メニューや価格帯毎に分析してみるかな、と思ったら、新型コロナの到来である。 食堂は休業、そして未だに業務開始していない。 更に言えば、今までの消費パターンと、全く変わってしまったかも知れないので、過去のデータが役に立たない可能性が高い。

過去のデータは過去のデータとして、分析してみりゃ良いじゃ無いの、とも思うのだが、未来の予測に役立てられるのでないと、余り力が入らないのである。 気象庁のお天気データベースを探し出して、その日の気温や天候と紐付けして、その影響度合いも算出してみたいな、とか思っていたのだが、出鼻を挫かれてしまった。

まあ、そういう言い訳をしてばかりでは、何事も先に進まない訳で、自分の勉強の為であれば、一度、そういう御託を取り除いて、真っ直ぐに突き進んでみたら、良いのかも知れない。 最近、歳とって集中力が足りなくなってきたので、言い訳が多くなった気がする。 気力と体力が残っているうちに、出来ることはやっておこう。

 

対新型コロナ感染防護マスクの最終兵器(?)

自粛が解けて、段々に動き回る人が増えているが、夏に向かって暑くなる中、マスクをしていないと周囲の目が厳しいので、暑苦しいのを我慢して装着している。 けれど、もう少し楽に呼吸出来て口や鼻を圧迫しないマスクで、良いものは無いのか。 

多分、理屈から言えば、息苦しく無いマスクは、空気が通り易く、防護の効果は低い。 逆に、防護の効果を高めようとすると、N95のように息がし辛くなり、長時間の装着は難しくなる、のだろうと理解している。

 

マスクを装着せねばならないこと自体が、人間社会に与える悪影響については、別のエントリに書きたいと思うが、本当に厭わしいことになったものだ。 個体の生物としても、外気の取り入れに支障がある。 そして社会的生物として、コミュニケーションに大きな悪影響がある。 マスクを付けねばならない、という社会を覆った「空気」は、薄い毒ガスのように人類をじわじわと追い詰めて行くことになるだろう。

 

とはいえ、このエントリでは、その状況の中でも、なかなかマシに思えるマスクを記録したい。 まずは、Facebookで友人がシェアしていたこのマスク、一つの理想かも知れない。

www.nikkei.com

電動フィルターでマスク内の空気は清浄、口も鼻も圧迫しない。 これを装着していれば、かなりの安心感がありそうだ。 但し、電動のフィルターが必須なので、電池切れすると装着を続けられないので、その辺りは注意が必要だし、電池を持ち運ばねばならない。

 

更に最終兵器っぽいのは、この、上半身を覆うタイプの製品だ。 もうこれはマスクと呼ぶより、宇宙服のようなウェアと呼ぶべきかも知れない。

bit.ly

顔部分への圧迫は全く無くなっているが、こちらの方が更に大掛かりに電動フィルターを使うだろう。 電池は必須だし、例えば鼻の頭に痒みを感じた時に、ちょいと鼻を掻く、ということも難しそう。 

このマスクを皆が装着して、通勤列車に乗る図式、とか想像してみると、異様だろう。 しかし、フィルターで濾過された空気には、近傍の人間の整髪料やら化粧の匂いも少ないだろうから、少しは楽になるのだろうか。 

 

けれども、夏場、こういう透明プラスチックのパネルで呼吸する空気を囲い込まねばならないとすると、今より更に暑く感じるのか、空気の流れで涼しく感じるのか、それは現物を着用してみないと分からない。(現物を試着出来る場所は無いものか)

 

マスメディアが報じないが、5/31に、若者達のデモが安倍晋三私邸周辺で行われた

5月31日に、渋谷の安倍晋三の私邸を目指して、70名位のデモが行われたらしい。 Facebookで友人が書いていて、それで知った体たらくだが、それでも、黙って殺されて行くよりは、遥かに良い。 

 

リンク先の慶應大学の学生の言葉

「電車の人身事故が増えているのは、『国家による殺人』と考えられるのではないでしょうか。給付金にしても、電通パソナなどの大企業におカネが流れるというのは、おかしい。過去にここまで酷(ひど)い政権はなかったと思いますよ」

には、若い世代の実感が籠もっているように思う。

 

news.yahoo.co.jp

www.evernote.com

階段降りトレーニングをやってみた

梅雨に入って、今日は、朝から夜までずっと雨模様となり、ジョギングに出られない。 そこで、ここ数年やってみたいと思っていた、階段降りトレーニングに挑戦することにした。

僕の住んでいる集合住宅の、雨に濡れなくて済む外階段を使い、まずはエレベーターで一番上の階まで上がり、そこから出来るだけ静かに1階まで自分の足で降り、再度一番上まで上り、又降りてくる、という単純な運動だ。

階段を登るとなると、結構精神的にも辛くて、腿に堪えるのだが、降りだと、少なくとも、心理的には「楽だ」という気分になる。 実際には、降りでも結構腿の筋肉に負担がかかって、良い運動になる筈だ、とは思っているのだけれど。

僕の住んでいる棟には、階段が2箇所あって、それが各々上から見て時計回りと逆時計回りに出来ているので、体の使い方を均等にする為に、交互にそれらを使うことにしてた。 使えるフロア数は、14階分で、その間の階段は13階分となる。

外にある階段なので、雨で少々濡れている部分もあるから、足を滑らせないように気をつけて、軽快に降り始めた。 快調に1階まで降りて、別のエレベータバンクに移動、逆回転の階段を降り始めた。

13階分の階段で、1階について15段あるから、一回で195段である。 今日は、それを10回降りる予定でいるので、1950段を降りることになる。 建物の階で言えば、130階分になる。 池袋のサンシャインビルの2倍以上になる。

大学時代、鍛えて体力の頂点にあった時期に、サンシャインの1階から60階まで上り、全く平気だったのだが、60階から1階まで降りたら、足がカクカクして震えが止まらなくなったのを思い出す。 一直線の降りではないから、そこまで疲れないだろうが。

10回の降りの内、8回辺りで脚が重くなってきて、9回目10回目辺りは、足を縺れさせないように用心しながら降りた。 時間にすると、30分強で終わったようだが、今の腿の筋肉の強度だと、この辺りが限界のようだ。 少し膝にも痛みを感じる。

走った後の発汗量は、普段、ジョギングの半分程度だろうか。 腿の筋肉の疲れは遥かに大きいけれど、他の部分の動きは抑えられてしまっているので、体全体としての運動量はやはりジョギングには及ばないだろう。 やはり雨の時の運動不足対策、かな。

f:id:Jota_Shimazaki:20200613204355p:plain

腕に付けたFitbitの心拍計のデータが、明瞭に10回の階段降りの負荷を記録している。

f:id:Jota_Shimazaki:20200524130503j:plain

晴れた時に撮影した階段。 右側の階段と左側の階段の周り方向が逆に造られている。

 

職場での下着の着替え

暑くなってきて、朝、出勤した時点で、既に背中が汗でビショ濡れの状態である。 本当は、その時点で、まずは着替えたい。 

次に、一仕事して、事務所の外を歩き回って帰ってきたり、事務所で何かを運んだり、という肉体労働をすると、又、汗だくになる。

だから、最低でも、2枚は、下着のシャツの替えを持って出勤し、必要に応じて、着替えるようにしたいものだ。

今日は、うっかり着替えを持参するのを忘れてしまい、職場に置いてあった予備のシャツに着替えたいのだが、夕刻、歯科医院に行かねばならないので、その歯科医院に着いた時点で、汗だくになっていると予想され、その時まで、汗臭くない下着のシャツは温存せねばなるまい。

10年ほど前、浜松町駅から歩いて神谷町の事務所まで通勤していた時期があるのだが、その時は、シャツだけでなく、パンツも股引もびしょ濡れになるほどの発汗だったので、毎日、シャツ2枚、パンツ1枚、股引1枚を鞄に入れて通勤していた。

今も、夏の最中には、ターミナル駅から職場まで、1駅分は歩くので、本当は、パンツも股引も着替えたい気分だ。 

別に洗濯物が増えても、それほど生活費が高くなる訳ではないし、そうだ、明日から、そうしようかと思う。

男性は比較的簡単に着替えられるが、女性の場合はどうなのだろう。 化粧のこともあるので、僕のように、1日3回以上はお湯でざぶざぶ洗顔してさっぱりする、とは行かないだろうし、着替えも、そんなに気軽でないとしたら、気の毒なことである。

 

新型コロナで直接対面コミュニケーションが逆風下にあるが、敢えてその利点を言う

京都大学学長の山極先生と言えば、霊長類の権威で、流石に不勉強な私でもお名前を存じ上げている方だが、直接対面コミュニケーションについて、非常に示唆に富んだインタビュー記事を、Facebookで教えて貰った。 以下は、気になった内容の抜き書き。

 

  • チームは、目的と計画性がセットになってはじめてつくられる。それを可能にしたのは、人間が熱帯雨林に出たことで想像力を持つようになったから。
  • 人間は、牙をつくったり身体を大きくしたりして身体に武器をつくるのではなく、共感力を高めて協力しあうことを始めた。
  • 共感力が想像力を生み、チームワークを可能にしたと言えるかも。
  • 言葉は、人間が五感で感じるものをいったん抽象的にして再現する、非常に効率的でポータブルなもの
  • 目の前で怪我をした人がいれば強く共感するけれど、そばにいない人の苦しみや喜びは想像するのが難しい。そこにはひとつの限界がある
  • 五感のなかで、一番リアリティをもたらすのは視覚と聴覚です。「見る」「聞く」は共有できる感覚
  • おもしろいことに、この触覚や嗅覚、味覚という「共有できないはずの感覚」が、信頼関係をつくる上でもっとも大事なもの

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

  • 触覚は触れると同時に触れられてもいますから、非常に共有が難しい。だから、母子もカップルも、肌の触れ合いを長くすればするほど信頼が高まる。それは、「触覚」という本来「共有できない感覚」を一緒に経験しているから
  • チームワークを強める、つまり共感を向ける相手をつくるには、視覚や聴覚ではなく、嗅覚や味覚、触覚をつかって信頼をかたちづくる必要があり
  • 合宿をして一緒に食事をして、一緒にお風呂に入って、身体感覚を共有することはチームワークを非常に高めてくれますよね? つまり我々は、いまだに身体でつながることが一番だと思っている
  • 人間は言葉や文字をつくり、現代ではインターネットやスマートフォンなど、身体は離れていても脳でつながる装置をたくさんつくってしまった。だから、安易に「つながった」と錯覚するけれど、実際には信頼関係は担保できているわけではないという状況が生まれ
  • 脳ではなく、身体でひとつになっている感覚が、チームワークには必要だ
  • 約60万年前に脳の容量は1500ccに達し、人間は150人の群れを形成できるようになりました。この頃から現代に至るまで脳の容量は変わっておらず、今の人間も実は「150人の群れ」のための脳しか持ち合わせていない
  • 150人というのはマジックナンバーと言われていて、人間が記憶できる顔の数なんです。しかも、言葉で覚えているのではなく、過去に身体感覚を共有した人の数。何か困ったときに無条件に相談したり頼みに行ったりできる「社会資本」と呼びますよね。その社会資本となる人の数が150人ぐらいだろうと言われている
  • 150人より大きな規模の社会で暮らさなければいけなくなったから、7万年前にコミュニケーションのツールとして言葉ができたんでしょうね。ただ、言葉によるつながり、脳によるつながりは、信頼関係をつくる上では成功しなかった。だから、今でも身体的なつながりに依らざるを得ない
  • 脳ではつながろうとしているけれど、身体ではうまくつながれていない。友だちに対して、何かこうしっくりこない感覚を持ち続けているのが現代の若者たち
  • 便利な時代にいるからこそ、人とつきあうことがコストになっちゃっている
  • 友だちをつくる時間をコストと考えてはいけないですよね。共感力をつかって信頼関係をつくるには、時間をかけないといけないんです。共感と信頼は時間との係数だから、いくらお金を使っても1分で友だちになるのは無理
  • 僕は「自己実現をする人が成功者」だという考え方は大きな間違いだと思うんですよ。自分だけの目的を持つのではなく、他者と共有する目的を持ちながら、いろんな役割を演じる楽しさを経験したほうがいい
  • 人間がサルや類人猿から受け継いだのは、共感力を高めて協力関係を網の目のように張り巡らせることでしたよね。時間軸を広げることで、あるときは自分が犠牲になることがあっても、長い目で見れば自分も豊かになれる環境を模索できたから、類人猿には住めない環境に出て行けた

 

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

人間の集団は、150人がマジックナンバーで、顔と名前が一致する、というのが、ファシリティマネージャーの場合は、大体300人がマジックナンバーだった。 仕事を共にすると、それ位まで、集団サイズを拡張出来ていた、ということなのだろうか。

 

新型コロナ感染拡大で、ワークフロムホームが思わぬ形で普及し、多くの組織体で、「オフィスなんて要らんな」という感触が拡がっているかも知れないけれど、それって本当にそうなのか、何を失うことになるのか、真剣に考える必要があると思う。

 

現代の最先端の会社組織の在り方として、本社を無くしたことで有名なソニックガーデン社でも、半年に1回は、合宿という形で、物理的に集まることを続けているらしい、というのが非常に示唆的だと思う。

kuranuki.sonicgarden.jp

 

Facebookエントリ

TiddlyWiki