読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オール・ステンレス製 ステリア・プラス角ハンガー

文字通り全て18-8ステンレスで作られた洗濯物干しハンガー。 長年愛用してきたプラスチック製ハンガーが、案外短い期間(数年レベル)で太陽光で劣化してぽろぽろと欠けてゆくのに気付き、新しいハンガーとして購入しました。 価格的には、プラスチック製ハンガーの3倍位していますが、物理的に破壊されない限り多分、相当長期間使えるに違いない、と思っているので、まあ、良いかと。

ピンチの数の多少で何種類かあるようですが、私が購入したのは32個付けタイプ。 最大は36個らしいです。 
製品の特徴は
・サイズ 約67cm x 35cm Made in China
・ピンチの取付位置に絡みにくい工夫がされています
・ステンレス線の先端部分が外に出ていないので、洗濯物や手に当たりません
・キャッチタイプの竿かけ(風で吹き飛ばされない)
・全てステンレス製なので錆びに強く、とても丈夫です(但し18-8ステンレスは全く錆びないものではありません。 水道水の塩素などで染み
などが残る場合があるそうな)

今日、早速使ってみた感想としては:
・しっかりしていて安定感・安心感はある
・手や衣類を引っ掛ける心配も感じなかった
・清潔感も上々(まあプラ製だって不潔な感じがしたことはないけれど)
・金属製なので、プラスチック製ハンガー(ピンチ56個)より、やはり重い
・ステンレス線の加工だけで造形されているので、(まだ使い慣れないせいもあるが)ちょっと干しにくい

耐久性に関して、価格だけのことはあるのか、それともやはり三倍以上持つというのは難しいのか、今後数年掛けて見守ってみようと思います。 又、このステンレスの製造時の使用に関して、環境負荷はプラスチック製と比べてどうなのか? 長い目で見ると地球環境へのインパクトは低いのだろうか? もし、このハンガーがもの凄く頑丈で、娘が嫁に行って、その先で孫が結婚する時に更に嫁入り道具の一部として持たせてやれる程までに長持ちだったら、多分、製造時の環境負荷が高くてもペイしそうな気はしますけれども、どうなんでしょうね。

最低価格の物を買って生活費を安く上げる、という方向から、多少高くても良いものを買って地球環境への負荷を減らそう、と思ってはいるのですが、結局この製品も中国製なのですね。 上の「感想」の所に書いたように、今のところまだ造形が洗練されていなくて、使い勝手が今ひとつなので、先進国の製造業が良いデザインの同種製品を創り出せばある程度対抗出来そうな気もするけれど、それで価格がこの倍位になってしまったら、流石に売れないだろうしなあ・・・ こういった「雑貨」製造業は日本でやってゆくのは難しい時代なのでしょうね。

よりピンチ部分のフレキシビティが高そうな製品を発見。 大木製作所のステンレスハンガー。 次回、この製品を買って比較してみたいです。

価格
2970円@ロイヤルホームセンター大磯店
電話番号
073-482-3461