読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月7日(水)夜、恵比寿のギークオフィスで喋りますので、宜しければご来場下さい

物知らずの身で汗顔の至りですが、恵比寿ギークオフィスの福岡さんのご厚意で、小規模なプレゼンテーションをさせて頂くことになりました。 内容としては、大学生の頃から自分のテーマとしている、「情報工学的世界観」について、ここ数年、やっとある程度まとまりのある、体系として自分の中で整理できるようになりつつあるので、これを皆さまに聞いて頂き、フィードバックを得て、更に磨き上げて行きたい、というものです。

演題: 「情報工学的世界観」で、一味違う世界の解釈をしてみませんか?

日時: 2016年4月7日(水) 19時~21時30分

場所: 恵比寿ギークオフィス 東京都渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル301

入場: 一般参加 3000円、ギークオフィス賛助会員1000円、ギークオフィス会員無料

内容: 情報という概念を軸に、世界を解釈して行く営みについてお話しします。 生物の進化、人間の社会活動、少子化問題、ファッション、人工知能、ロボットから、宇宙エレベータに至るまで、情報工学的世界観に基いて語り尽くします。

★ まだ粗削りなプレゼンテーションですが、皆様からご意見を伺えれば幸いです。 お時間が許せば、是非、ご来場頂ければと存じます。

ロード・オブ・ザ・リングの登場者達の隠喩を考えてみる

年末年始〜正月に、指輪物語ロード・オブ・ザ・リング)の映画の三部作がNHKで放映されるらしい。 物語の中で中心的なアイテムである「指輪」が、一体何を指しているのか、という話で色々議論があるらしく、ベトナム戦争の頃は「核弾頭の発射ボタン」ではないか、という説もあったそうだ。

僕の解釈では、指輪は「通貨発行権」≒「人民による金融システムへの信頼」の隠喩ではないか、と考えている。
そうなると、各々の種族は、どういうものの比喩として描かれているのだろう、と考えてみた。

例えば:

サウロン = 国際金融資本家の本家であるBIS
指輪の幽鬼= BISの支配に屈している各国中央銀行
魔法使い = 学者・アカデミズム(サルマンは、国際金融資本の御用学者ね。竹中平蔵とか)
エルフ  = 国家や地域コミュニティ
オーク  = 国際金融資本によるグローバル化に蝕まれ、その意向を汲んで戦争を行う国家や組織
ウルクハイ= グローバル化で肥え太る多国籍企業(税金を納めないアップルとかアマゾンとか?)
ホビット = 若者・学生?
人間   = 普通の大人・自営業者・農民
ドワーフ = 労働組合

なんていう風に考えてみたんだが、どうだろうか?

ピアニスト漫画

ブックオフに行く用事があり、ふと立ち読みした一色まことの「ピアノの森」。 そういえば、ピアニストが主人公の漫画って、何作か読んでいるな。 

覚えている中で、一番古いところでは、くらもちふさこの「いつもポケットにショパン」。 まだ高校生か大学生の頃に読んだ作品で、結構懐かしい。

その次辺りに来るのは、さそうあきらの「神童」、これは社会人になってから読んだが、なかなか独特の面白さがあった。

ピアニスト物、というか、音楽物で大ヒットし、忘れてはならないのは、二ノ宮知子の「のだめカンタービレ」だが、これは最後の辺りはもう、なんだかマンネリ化してしまったようで、ちょっと長くなり過ぎた感じがする。 最初の辺りのオーケストラの紹介や、音大の内幕なんかは面白かったのだけれども。

その後、最新で途切れ途切れに読んでいるのが、ピアノの森なんだが、立ち読み出来たのは15巻まで。 

ピアノの森(24) (モーニング KC)

ピアノの森(24) (モーニング KC)

まで出ていて、25巻が9月22日に出るようだ。

作者への感謝を伝える意味でも、本来は新品を買って若干なりとも著作権料が著者・作者に入るようにしなくては、と思っているんだが、本の置き場が無い今の生活では、なかなかそれもままならない。 今の電子書籍は気に喰わないし、買って即自炊でもするかな?

リチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子とミーム論

まだ、リチャード・ドーキンスの有名な著作である「利己的な遺伝子」は読んでいない。 話の内容を概略知ったのは、松岡正剛著作の中であったと思う。

この夏の何日かの休みの間に、ドーキンスの唱えた説、特にミーム論について、もう少し勉強する必要がある。 今の自分を突き動かしている思想の根源に、ミーム理論があるからだ。 

自分の想いをドーキンスを使って確認出来るかどうかは未だ分からないが、ここを基盤として、少し書き物をしてみたいと考えている。

台風の重さ

台風11号がゆっくりと日本列島を横断して日本海岸に出た辺りで、今日のジョギングに出かけた。 折角の週末に走らないと、体重を定常状態に保てない。

ゆるゆると走りながら考えたのは、台風の大きさと重さ。 大体、空気は水の1/1000の重さだと考えて良い筈だから、1立方メートルの水が1トンであるなら、1立方メートルの空気は1キログラム。 1立方キロメートルの空気は、その1000 x 1000 x 1000 倍の 重さだから、1,000,000,000キログラム、つまり 1,000,000(百万)トンである。

台風の大きさは、良く知らないが、大きな台風だったら、まあ、影響を及ぼすエリアが1000キロメートル四方で、高さが10キロ位あると考えてみよう。 そうすると、容積は、10,000,000立方キロメートル。

上空に行くと、空気が薄くなることとか、台風自体が「熱帯低気圧」で、暖かいせいで比重が多分10%程度低くなっていること、等はこの際、無視してしまうと、百万トンの千万倍の重さだから、10兆トンか。 つまり、10兆トンの空気が動くのが、台風という現象の規模なのだ。

これが太陽の日射のエネルギーで引き起こされるのだと考えると、本当に気が遠くなるほど、太陽の送るエネルギーは大きいと言わざるを得ない。 何とか、もっと上手く利用出来ないものだろうか、と思う。

そんなことを考えながら走っていたら、1.5キロのコースを4周する予定だった3周目の半ばで、激しい雨が降り出した。 800メートル程を雨の中で駆け抜けたのだが、完全にずぶ濡れになった。 多分、生まれてこのかた、これだけびしょ濡れになるまで雨に打たれたのは初めてだろう、という位、全身の衣類が濡れた。 

さっきの計算には、台風の空気中に含まれる水分の増量分は含んでいなかったが、そのうち、もう少し詳しく推計をやってみよう。

地球本位制通貨制度

貨幣の裏側で信用を支えるものを指して「○○本位制」と言う。 金地金が信用を支えているなら、金本位制だし、銀地金なら銀本位だ。 以前、「貨幣の生態学」では、二酸化炭素排出権を「本位」とする貨幣を提案していた気がする。 まあ、あれは戯言だったな、とブームが去った今では思えるが、基本的な考え方としては、地上で経済システムの恩恵を受ける人類全員の「依って立つ生命の基盤」を本位として認定するのが公平だろう、という考え方だと思う。 

だとすると、大昔から僕が考えていた「地球本位制」、つまり地球全体を元本にする方式も、方法を巧く構築出来れば、提案出来る程度には形を作れるかも知れない。 今日はもう夜中だから、今後、もう少し形を考えて行こう。

宇宙エレベーター協会

長期的(数百年~数千年単位)で見ると、人類が生き延びる為には、宇宙に出る他は無い。 宇宙に出る為には、今のロケット打ち上げでは効率が悪過ぎる。 だから宇宙エレベータの実現こそが、人類が長期的に生存する為の必須条件なのだ、と信じている私なので、遅まきながら宇宙エレベータ協会にウェブ会員として登録しました(2012/04/30)。 

情報体としての人類が、地球の重力の束縛を断ち切って宇宙に旅立ち拡がって行く為には、宇宙エレベータが必須だろう、と信じて疑わない。(けれど案外、今の世間では知られていないようです) アメリカのIT長者達の多くが宇宙に投資しているのも、私と同じ理解からなのだろう、と思っているのですが、世界的にはどう解釈されているんでしょうね。

「宇宙エレベータ」じゃなくて「軌道エレベータ」と呼ぼう、とか、今のままじゃ実現が難しい、とか、色々意見もあるようです。 ウィキペディアの記事でも、まだ実現は遠い、みたいな書かれ方しているし。 しかし、そんな様々な情報も含めて、このKWを中心に勉強を進めて行きたいと思います。 大林組が宇宙エレベータ構想を公表、というのは、結構嬉しい話であったりもします。


日本が望みを託す宇宙開発の切り札!「宇宙エレベーター」の知られざるシナリオ

物性研究者吉野治一のぺーじ 【軌道エレベータ(宇宙エレベータ)の紹介】」

日経ビジネスオンライン ただの夢じゃない「宇宙エレベーター」 日本大学理工学部精密機械工学科 教授 青木義男」

「BLOGOS 宇宙エレベータ建設が日本の未来を切り開く(前半)(後半) - 山田高明」



====== 協会ウェブサイトから引用 ======

1.協会の目的

1.1.設立趣旨

 地球の資源が有限で環境が非常にデリケートであることに気づき、壊滅的な状況を回避しようとする人々の努力が始まっています。しかし、実際には根本的な対抗策を見出せず、誰もが少なからず焦燥感を抱いています。
また人々は、交通機関や情報技術の発達により世界の姿を認識しはじめ、さまざまな文化の違いに驚きつつも、人の世がどこであっても同じであることに気づき始めています。もう世界のどこにもおとぎの国も、楽園も、なによりも開拓すべき未踏のフロンティアは残っていません。もちろん広大な宇宙はすぐそこにあります。しかしここ数十年、地上から100キロ以上離れることのできたのは500人に過ぎず、宇宙はいまだ「上のほうにあるどこか」でしかないのです。

人類の発展は、政治や宗教、経済活動によってゆらぎます。しかし人類の発展の本質的な原動力は、火薬、内燃/外燃機関、電気、原子力、ITなどのさまざまなテクノロジーの発明ではないでしょうか。製鉄技術がなければ、数々の帝国も農業生産力の拡大もありえませんでした。造船技術なくしてアメリカ合衆国の建国もありませんでした。人類史とは人類が手に入れたテクノロジー史だと考えます。

では、次に見出されるテクノロジーとはなんなのでしょうか?人類の世界を変える人類史上、次に来るブレイクスルーテクノロジーとは?

私たちは宇宙エレベータが人類文明を次のステップに押し上げ、地球という限られた環境から解放し、広大なフロンティアと無限に近い資源/エネルギーをもたらす、次世代のテクノロジーの有力な候補と考えます。手に届くところに求めるものがあり、努力次第で手に入れられるのだという“希望”は、人々に多大な影響を与えるでしょう。宇宙エレベータが人類に与える意義とは、人々の世界に対する意識の拡大にあると考えます。

誰もが安価に宇宙に行くことができ、太陽系全体を行動範囲とする次の世代が手に入れる世界。「宇宙エレベーターで何が解決できるのか?」ではなく「宇宙エレベータがどう人類をかえるのか?」を実際に考えられる世界を実現するために活動していきます。(以下SE:宇宙エレベータ)

1.2.協会の事業
 (1)SE技術及び関連技術に関する調査、資料収集、情報管理・提供に関する業務
 (2)SE技術及び関連技術に関する技術開発、研究開発に関する業務
 (3)SE技術及び関連技術に関する普及啓発業務
 (4)SE技術及び関連技術に関する展示会、学会、競技会に関する業務
 (5)SE技術及び関連技術に関するコンサルティング業務
 (6)SE技術及び関連技術に関する商品の企画、制作、販売
 (7)SE技術及び関連技術に関する書籍の翻訳及び出版
 (8)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

2.運 営 方 針

2.1.運営基本方針
 ・「宇宙エレベータ構築のための社会環境整備」
 ・SEの構築に技術的/社会的な目途が立ったと判断できた時点で、SEの構築に向け方針転換を行う

2.2.運営方針
 ・運営基本方針を遂行するために、以下の運営方針を定める
 ・SEの構築に必要な技術開発を行い、また社会における関連技術の開発を誘導する
 ・一般社会に開かれた運営を行い、少しでも多くの賛同者と協力者を募り、関連する機関、企業、個人との良好な関係を保つ
 ・独立運営を可能とするための自助努力を行う
 ・あらゆる政治的、経済的、宗教的権力から独立を保ち、中立・公平を旨とする

2.3.定款
 ・社団法人の組織活動の根本規則として、定款を定める
 ・会則は、同種の法人の会則/運営細則を参考に順次整備していく

2.4.事業年度
 ・事業年度は4月1日から翌年の3月31日とする

3.運 営 形 態

3.1.会員制
 (1)正会員:当法人の目的に賛同して入会した個人又は法人
 (2)学生会員:学校教育法に定める学校法人(当法人が前記法人と類すると認める法人を含む)に在籍する者のうち当法人の目的に賛同して入会した個人
 (3)賛助会員:当法人の事業を賛助するため入会した個人又は団体
 (4)名誉会員:当法人に功労のあった者又は学識経験者で社員総会において推薦された者
 (5)WEB会員:当法人の目的に興味を持ちWEB上の情報入手を目的として登録した個人

3.2.代議員制
 ・代議員は、正会員の中から選挙により選出した個人もしくは法人で、任期は2年とする
 ・3名以上20名以下の代議員をもって、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に規定された社員とする

3.3.総会
 ・代議員により構成される定時総会と必要に応じて臨時総会を招集する

3.4.役員
 ・理事及び監事は、代議員の中から選任する
 ・役員は3名以上10名以内の理事と2名以内の監事をおき、任期は2年とする
 ・理事のうち1名を代表理事として会長とし、2名以内を副会長とする

4.事 業 内 容

4.1.啓発活動
 ・SEと本協会の活動に対する正しい知識と認識を啓発する活動
 ・出版物の発行
 ・日本語版公式HPの運用
 ・国外の同種の活動における集積情報の日本語⇔英語での双方向翻訳と情報流通
 ・講演活動
 ・関連グッズ販売、ツアー企画
 ・技術競技会の開催と協賛
 ・表彰活動

4.2.SEの開発を促進するための活動
 ・教育機関向け各種プログラムの展開
 ・カンファレンスの開催
 ・ワークショップの開催
 ・国内研究機関への関連技術開発への投資の誘導
 ・関連技術の調査と開発の実施
 ・構築/運営に向けたステークホルダー間の利害調整

4.3.スピンアウトテクノロジーのビジネス化支援

4.4.SEの構築と運営に向けた各種調整

4.5.協会の運営

■ 2016/06/15 追記
なんのかんのとご縁があり、一般会員にさせて頂き、今年はもう一歩、踏み込んでお手伝いすることに。 正直言って、宇宙エレベーターの実現以外に、自分の子孫を含めた人類の、長期的視野での生存と発展は考えられないと思っているので、微力でも何かお役に立てれば、と思う次第です。
住所
〒106-0032 東京都港区六本木3-1-27 梅原ビル1-2F
団体名
一般社団法人 宇宙エレベーター協会
電話番号
050-3786-4321
人名
代表理事(会長)  大野 修一