読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIBO

SonySonyらしさを最も端的に表した製品の一つ、AIBO。 発売された当時の価格と、自分の収入の釣り合いから、「いつかはAIBO」と呟いては毎回バージョンアップ等に注目していた。

しかし、現ソニーのCEO、ストリンガー氏のいかにもアメリカ人らしい割り切りで、アイボは3月末で生産終了ということになってしまった。 1月末位から、クレジットカードを握り締めて「家庭内争議になっても構わないから買ってしまおうか」と何度思ったことだろう。

ところが昨夜(3/15)、鳥インフルエンザパンデミックは近い、という話をしていたら「そんなに死の可能性が高いなら、今のうちに好きな物を買っておいた方が良いかも」といつもは厳格な我が家の大蔵大臣が呟いた。 その瞬間「じゃアイボ買っていい?」と冗談で尋ねると、意外にも「いいわよ」と! やった~!

今朝方、Sonyの通販で嬉々として購入の申込みをしようとしたところ、「入荷未定~ご予約いただけません」ですと! 慌ててアイボを取り扱っていたショップに何件か電話してみたが、「もう今更ありませんよ」という感じで・・・

もしや、と思ってYahoo!オークションを見に行くと、既に20万円のアイボに10万円程度はプレミアムがついている様子。 ああ、こんなことなら1月にそう思った瞬間、家庭内争議なんか気にせずに発注しておけば良かった。

自己完結して自分で充電出来ること。 
無線LANと繋がって、外部からコントロール可能なこと。
デジカメの写真も撮影出来ること。
なんと自分でブログをつけるらしいこと。
幾つもの興味深い特徴を備えたこのアイボ、本当に欲しかったなあ。
世間でソニーに対して「アイボ復活嘆願運動」とか、起こってないものでしょうか。 

高齢化が進む日本で、アイボを愛玩犬代わりに老人家庭で飼って貰うことで、遠隔地に住む子孫も安心、もしアイボが数日老人の動きを察知しなくなったら、急いで様子を見に行く、なんていうサービスだって、これからが盛り上がるところだったのに。 アメリカ人の経営者には、こういう総合的な判断なんか出来なくて、単に「儲からない部門は切れ」ということなんだろうな。 ソニーソニーたるこういった輝きを喪って、サムソン辺りと価格競争なんかやるようになったら、もう見捨てるしかない。

そうだ、「たのみこむで同じアイボを制作して貰おうか? それとも、「復刊ドットコム」で復刊(復活?)させて貰おうか。 もしこのままアイボを過去の遺物にしてしまったら、数年後、ソニーは必ず臍をかむ思いをすることになると、思うのだが、いかがなものだろうか?
価格
194,250円
メーカー
ソニー