読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBTのビジネスシューズLWB009

単なるウォーキングを、より効果的な運動に変えるMBT、という触れ込み。 ここ暫く興味があり、しかし、実際に履いてみるまでは判らないし、と思っていたのですが、2009/07/19に大船のMBTウォーキングスタジオの前を自転車で通りかかり、試してみて、もう少し実生活で試してみたいと思ったので、ちょっと値が張ったけれど、購入しました。(今、通勤に使っているアシックスのビジネス・ウォーキング・シューズの9倍の値段です)

ウェブ上ではビジネス用にも使えるようなデザインの物を探し出せなかったので、通勤ウォーキングがほぼ全ての自分に使えるとは思っていなかったのですが、お店に入って眺めていると、ちゃんとビジネスシューズ風の製品もあることに気づきました。 勿論、特徴である靴底は相当厚いけれど、それ以外は割と普通のビジネスシューズ風なので、まあ、今までの自分のスタイルからして、問題無い、と。

私もこの製品を知ったのは関心空間の幾つかのKWからなのですが、この会社の販売戦略、なかなかネット上の口コミを上手に使っている感じがします。 「MBTブロガーミーティング」なんていうのがあって、ブログを書く人達を集めてMBTのことを説明し、理解して貰った上で、記事に書いて貰っているらしい。 日本の代理店のエバニュー社が巧いのか、スイスの本社が賢いのか判らないけれども、なかなかマーケティング巧者だな、と。 逆に変なメディアにバカスカ宣伝を打たれると、そのコストが製品に乗ってくるのか、と思って嫌な気分になるから、これはこれで正しい。 

しかし、その割に、価格が高いです。 靴底の減り具合を見て、適宜張替えをする必要がありそうだし、私の使用ペース(一日一万歩強)だと、大体一年に一度程度は靴底の上の(内側の)層もへたるから交換が必要らしく、それが12,000円程だとか。 結構、継続的にお金がかかるのだな、と思った次第。 逆に言えばビジネスとしては、安定するから、賢いモデルなのかも知れない。

今日、自宅~大船駅+新橋駅~六本木を合計40分歩いてみましたが、かなり快適に気持ち良く歩けました。 ただ、ネット上で言われている程には歩いて違う感じがあったとか、特殊な足の部位が疲れたとか言うことは無く、まあ、普段から一日80分、通勤ウォークしているから、そこに少し負荷が加わった、という程度なのかな、と。 今後はオフィスでも靴を履き替えず、丸一日この靴で過ごす予定なので、その辺りでどう差異が出てくるか、楽しみにしています。

2009/07/21追記
朝のうち疲れなかった、というのは確かでしたが、帰途の40分は結構足がだるくなりました。 それと、坂道が結構きついです、特に下り坂。 腿に負担が大きいように思いました。 上り階段は二段抜かしで上るのが好きなのですが、これも靴底が厚いせいか、ちょっと負荷が高い感じ。 いずれにせよ、運動量は上がります。 今日はオフィス内で丸一日履いて歩き回っていましたが、誰からも特に注目された様子は無く、歩き方も靴の外見も、ビジネスシーンに問題無し、という感じです。

2009/07/24追記
早朝家を出てから夜遅く帰宅するまで、14時間~15時間ずっと履いているので、中敷がしっとりと汗で湿っているのが気になります。 今度お店に行く機会があったら、もう一組中敷を購入して、オフィスに一組置き、一日の半ばのところで、替えようかと思います。 

価格
35,700円
メーカー
スイスマサイ社
発売元
エバニュー