読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Evernote

何処でも、どの機械でも、自分の情報を一元的に管理、参照出来る、ネットサービス。 携帯カメラ等で撮影した写真等も送って保管し、それを自動でOCRして呉れる。(2009/07/11時点では日本語OCRには未対応) 元はPCやMac用のアプリケーションだったらしいが、ネットサービスをベースに、ブラウザでも使える、しかしアプリをインストールするとより便利、という感じに路線変更してブレークしつつある、らしい。 

普通のtextもweb/htmlもMS officeのデータも手書メモも、写真もスキャンしたPDFドキュメントも、何でもスクラップ、そしてウェブサービスとシンクロすることでどのネット端末からでも検索をかけられるようにしよう、というサービスらしい。 自分の手許にデータを持たないから、ネット接続は必要だけれど、それさえあれば、逆にどのマシンからでも自分のデータを探せる訳だ。

まだ、アカウントを作ってちょっぴり使っただけなので、生半可なことしか書けないが、かなり使い易い。 ただ、OCRに関してはサーバサイドでやっているので、速度は遅い。 日本国内で展開するなら、是非、日本語OCRにも対応して貰いたいものだが・・・(逆に日本でそれに対応します、と言って手を挙げれば、米本社とタイアップ出来るかも?)

無料アカウントだと、一ヶ月に40MBまでアップロード可能なのだが、月5ドルもしくは年45ドル払って“Premium”にアップグレードすることによって制限を500MBまでに拡張可能らしい。 それ位あれば、日常のメモの整理位は十分ではないだろうか。 まあ、本格的に使ってみないと使用する容量は分からないが。

Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)
使いだすと便利で手放せないノートツール“Evernote”
シゴトハッカーズ:Evernoteの基本的な使い方【チュートリアル編】
シゴトハッカーズ:Evernoteをさらに使いこなすのだ
最高のオンラインメモツールとしてのEvernote
Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」:EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う
メモを同期、知識をデータベース化[EVERNOTE(エバーノート)]
メモを同期、知識をデータベース化EVERNOTE(エバーノート)』
Evernoteで環境を問わずに情報をシェア
iPhoneでさらに拡がる[EVERNOTE(エバーノート)の可能性。]

2009/07/11追記
そういえば、日本語OCRも欲しいけれど、QRコード読み取り機能も欲しい。 時間や場所や分類タグ等をコード化したQRコードを色々な物に貼り付けて、それをタグとして読み取って貰えたら、かなり「物理存在<=>電子情報」の間が円滑にやりとり出来るようになる筈。

2009/10/08追記
来年6月頃には日本語化が完了する予定、との記事が出てきました。 そして心あるユーザは、アンケートに答え、出来たらプレミアム会員にも登録して、日本語ユーザ環境開発に援護射撃を、と。 少なくともアンケートには答えようと思っています。 プレミアム登録も、するかも。

2009/11/18追記
ここ数週間でEvernoteがみるみるメジャーな存在になってきた気がする。(まだ一般の人達に知れ渡ったという程ではないが、iPhoneユーザの中では知られた存在になった、という意味で) で、Evernoteに関する使い方の連載ブログ記事を発見。 そういえば、二週間前にプレミアム登録したので、容量の心配も概ね消えうせたし、自分自身でももっと使いこもうと思う。

2010/01/22追記
日本語化が着々と進み、日本語版トップページが出来た。
日本語ブログも登場。
更にはEvernoteの日本語Twitterアカウントが出来ました。 早速フォロー。

2010/03/05追記
Evernote日本語版が3月3日にリリースされた。 90日以内に日本語のOCRが出るとか。 待ち望んでいたものが実現しつつあり、とても嬉しい。

価格
5ドル/月
団体名
Evernote Corporation