読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16品目の食物繊維サラダ

忙しいプロジェクトで暫く休日出勤とか会社で夜食が続く中、会社の近所のampmで発見したのが「16品目の食物繊維サラダ」。 名前の通りなのだが、分量が結構多い。 値段が288円というのが高いのか安いのかは判断が分かれるところだろうと思うけれど、家から離れて余り健康的な食事を取れない状況では、これはかなり有り難い。 
昨晩食べて、美味しかったので、今晩も続けて買ってきた。

ただ、情報不足な面もある。
パッケージには16種類の野菜が一体何なのか、全く書いてない。
ホームページらしきものを見ると、
食物繊維が7.6mg入った具だくさんサラダです。」
「カロリー…178kcal 発売エリア…関東・関西・九州」
それ以外に中身の情報が無い・・・
普通、「16品目の」と付けたら、それらが何なのか、せめてホームページの方では表示するものだろう?
ampm、ちょっと詰めが甘いように思う。
それとも、16品目の内容を言いたくないような、いい加減なものが入っているのか?(まさかね?)

ところで、私の別のKWに、「やずやの発芽十六雑穀」というのがあるのだが、「十六=16」という数字には、何か健康をもたらすような、不思議なジンクスでも存在するのだろうか? それともこれは偶然の一致なのか?

で、ふと思ったのだが、「やずやの発芽十六雑穀」を入れたご飯を頂き、それにこの「16品目の食物繊維サラダ」を食べると、この二品目だけで、既に食材が32種類ということになるのか。 一日30種類の食品を摂りましょう、という栄養学か何かの指導があると聞いたことがあるが、それを一食で既に達成出来てしまう、というのは、なかなか良いのかも。

追記: コメントでご指摘頂いたのだが、十六茶、というのも存在するから、「やずやの発芽十六雑穀」に「16品目の食物繊維サラダ」を食べて、十六茶を飲むと、食品品目としては、48種類ということになるのか? なんか十六茶の元と十六雑穀とは結構オーバーラップしていそうな気もするけれど。 ますます、16という数字と健康との関係が気になって来た。

価格
288円
発売元
ampm
団体名
カラダにキブンにイイコトクラブ
営業時間
年中無休
地域
関東・関西・九州
年(代)
2009年