読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火大会

夏の風物詩の一つが、花火大会。 会社からの帰途、平塚駅から自宅へ歩いて戻る途中、少し遠くからボ~ン、ド~ンと聞こえてくる。 肩越しに振り向くと、駅の向こう側の河口の辺りで花火が上がっている。 なんとも言えず、懐かしく、甘酸っぱい思い出がこみ上げてくる。

花火大会は、日本全国で行われるが、別にお金を払わなくても観られて、実に太っ腹な楽しみの一つだと思う。(まあ、お金を徴収しようとしても、無理だとは思うけれど) かなりの支出を、誰が支払って呉れているのだか分からないが、有り難いことだと思う。

段々と花火の製作技術も高度化しているようで、昔とは全く違う空間的な広がりを持った作品が増えてきた。 まあ、それはそれで良し。 しかし、私は昔ながらの枝垂れ柳とか、そういう普通の花火も好きだな。 余り矢継ぎ早に打ち上げなくても良い。 一つ一つを味わいたい。

リンク先の記載によると、日本の花火は世界でも最も精巧なものだそうな。 もう少し花火について勉強してから来年の花火大会を観たら、もっと楽しめるのかも知れない。 今年も湘南地区の花火、もう一度位は近くから楽しみたいものだ。