読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニクラス・ルーマン入門―社会システム理論とは何か

ルーマンは、一つの単純な分離、すなわちシステムとその環境との区別にもとづく、きわめて洗練された社会の理論を展開した。 彼は、この根本的な分離を基礎に、世界の複雑性を把握するという冒険の旅に出たのだ。」

とある処で、ルーマンの名前を聞き、調べてみたら、自分が長年考えていたことと、近い分野について、大変なスケールの思索と著述を行っていた大学者らしい。

松岡正剛の千夜千冊でも、主著の「社会システム理論 上・下」が取り上げられているが、こっちはかなり難解そうなので、まずは入門書籍から取り組んでみる。

自分が考える「情報工学的世界観」と、ルーマンの間に、何か、繋がりを見つけることが出来るだろうか。

商品名
ニクラス・ルーマン入門―社会システム理論とは何か
価格
¥2,700
著者
クリスティアン・ボルフ,
Christian Borch,
出版社
新泉社
発売日
2014-04-25
URL
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787714066/kanshin-1-22/ref=nosim