読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアニスト漫画

ブックオフに行く用事があり、ふと立ち読みした一色まことの「ピアノの森」。 そういえば、ピアニストが主人公の漫画って、何作か読んでいるな。 

覚えている中で、一番古いところでは、くらもちふさこの「いつもポケットにショパン」。 まだ高校生か大学生の頃に読んだ作品で、結構懐かしい。

その次辺りに来るのは、さそうあきらの「神童」、これは社会人になってから読んだが、なかなか独特の面白さがあった。

ピアニスト物、というか、音楽物で大ヒットし、忘れてはならないのは、二ノ宮知子の「のだめカンタービレ」だが、これは最後の辺りはもう、なんだかマンネリ化してしまったようで、ちょっと長くなり過ぎた感じがする。 最初の辺りのオーケストラの紹介や、音大の内幕なんかは面白かったのだけれども。

その後、最新で途切れ途切れに読んでいるのが、ピアノの森なんだが、立ち読み出来たのは15巻まで。 

ピアノの森(24) (モーニング KC)

ピアノの森(24) (モーニング KC)

まで出ていて、25巻が9月22日に出るようだ。

作者への感謝を伝える意味でも、本来は新品を買って若干なりとも著作権料が著者・作者に入るようにしなくては、と思っているんだが、本の置き場が無い今の生活では、なかなかそれもままならない。 今の電子書籍は気に喰わないし、買って即自炊でもするかな?