読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子とミーム論

まだ、リチャード・ドーキンスの有名な著作である「利己的な遺伝子」は読んでいない。 話の内容を概略知ったのは、松岡正剛著作の中であったと思う。

この夏の何日かの休みの間に、ドーキンスの唱えた説、特にミーム論について、もう少し勉強する必要がある。 今の自分を突き動かしている思想の根源に、ミーム理論があるからだ。 

自分の想いをドーキンスを使って確認出来るかどうかは未だ分からないが、ここを基盤として、少し書き物をしてみたいと考えている。