同僚の送別会

同僚の送別会があった。 人格円満で誰にも好かれた人だったので、驚くほど沢山の寄せ書き、花束、記念品。 本人もびっくりしていたが、感動して涙ぐんだりも。 僕もいつか退職する時に、ここまで行かなくても、ある程度は惜しまれつつ、という風でありたいものだ。